遺言書についても少しは知っておいたほうがいいと思いまして、調べてみました。

 「遺言書」は、きちんと法律に従った書式で書かれたもので法的な効力があるものです。「遺書」や「エンディングノート」には、法的効力はありません

 そういった意味で、大きく違います。財産がそれなりにある場合は、エンディングノートとともに、遺言書を作ることも考えたい。

 遺言書には法的な拘束力があるとは言っても、それは法律にのっとってちゃんと書かれている場合です。不備があた場合には遺言書自体が無効になってしまうこともあります。

 遺言書には3つの種類があります。

  • 「自筆証書遺言」(じひつしょうしょゆいごん)
  •  名前の通り、自分で書いた遺言書です。全部、自筆で書かなければいけません。パソコンなどを使うと無効になってしまします。自分で、いつでも書けるという気軽さはありますが、不備があったりして、後にトラブルになりやすいのも、この自筆証書遺言。

     自筆証書遺言は、自分で書いて終わりなので、偽造したり、書き換えられたり、捨てられたりということが起きても、もとの遺言書はこうだった、とか遺言書があった事自体も証明するのが難しい。

     あと、ちゃんと「遺言書作ったよ」と言っておかないと、発見されない可能性もあります。

  • 「公正証書遺言」(こうせいしょうしょゆいごん)
  •  公正証書遺言という名前からしても、きちんとしていそう。公証役場というところで、公証人という人に作ってもらう遺言書です。

    証人2人に内容を見てもらい、公証人に内容は作成してもらって、遺言書の原本は公証役場に保管されます。なので、遺言書に不備があるということはありませんし、偽造も改ざんも、破棄もできません。

     ちょっとお金がかかることと、証人の2人には内容が知れてしまうということを除けば、一番安心できる遺言書。

  • 「秘密証書遺言」(ひみつしょうしょゆいごん)
  •  秘密遺言書は自筆と公正との中間の性質を持った遺言書。公証役場で手続きをします。証人も2人必要です。ですが、公証人も証人も遺言書の内容を見るわけではありません。遺言書をちゃんと作ったよ。ということを見届けます。そして、その記録は、もちろん公証役場に残ります。

     内容は誰にも知られることはありませんが、内容に不備があることもありますし、遺言書は自分で管理するので、なくしてしまったりした場合は、「遺言書は作った」という記録は残っていますが、内容は誰にも分かりません。
     お金も少しだけかかります。