銀行引き出し 自分の身辺整理をして終活なるものを始めようと思い、色々調べていくうちに疑問に思ったことがあります。それは「銀行の通帳とハンコ」さえあれば葬儀費用の心配はないのか?ということです。
 
 「銀行の通帳とハンコは引き出しの奥に入っているからね」というような事をよく耳にします。私自身も通帳とハンコは分かるようにしておけば、とりあえず葬儀代とかはそこから出せばいいだろう。と安直に考えていました。

 もちろん、分かるようにしておかなきゃいけませんが、自分が死んでしまうと自分の銀行の口座は凍結されてしまうのです。
 「凍結」というのは、引き出せない、預け入れもできない、電気ガスその他公共料金の引き落としさえも出来なくなることです。

 自分の銀行の預金を自分お葬式代に使えないのか!と言いたくなりますが、自分が死んでしまった時点で、銀行の口座に入っているお金は「遺産」という名前になってしまうのです。そうなると、故人の奥さんや夫であれ、子どもたちであれ引き出せなくなるのです。

 引き出せるようにするには、相続する人が話し合って、誰がどれくらい貰うのかってことをまとめた遺産分割協議書除籍謄本相続人全員の印鑑証明をその銀行に持って行って手続きをします。時間がかかります。とても葬儀代を払うのには間に合いません。

 とはいえ、葬儀代やら配偶者の当面の生活費やらを誰かが建て替えたりすることが難しいこともあるでしょうから、150万円までは手続きをすれば引き出すことができるようになっています

 なんだ引き出せるんじゃない。

 そのために必要な必要な書類が
・故人の戸籍謄本または除籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・故人の銀行口座の通帳、キャッシュカード、届出印、実印
・手続きする人の身分証明書

 これまた、とても面倒くさい。「引き出せるようになっている」とは言いがたいです。これも相続人のうちの誰か一人が勝手に引き出せないようにするためなので、仕方ありません。

 とまあ、通帳とハンコがあるだけでは、簡単にはお金を引き出すことができないんです。

 となると、やはりきちんと身辺整理をして終活をしておく方がいいみたいです。葬儀の生前予約とかを調べて、あとは少々の預金を現金にしておくことにします。