相続税 身辺整理とか、終活って言いますと一つは「葬儀」「お葬式」はどうするかってことと、もうひとつ気になるのは「相続税」ですかね。まあ、財産と呼べるほどのものは持っていませんが、一応知らないよりは知っておいたほうが良いと思い、調べてみました。

ざっくりと相続税について調べてみた

 相続税。亡くなった人の財産を相続する時にかかる税金です。相続税は高くてごっそり持っていかれる、なんて話をよく聞きますが、ちょっと調べてみると、そうでもない。というか、それなりに財産を持っている人はそれなりに相続税がかかるし、たっぷり持っている人はたっぷり持っていかれる。

 それはそれで間違ってはいないようです。

 ただ、例えば、夫婦で旦那の方が亡くなって、妻に相続する場合は1億6000万円までは相続税がかかりません。他にもルールはあるけれど、たっぷり持っている人は専門家にお金払って相談するとして、まあ、私を含める多くの庶民は、一銭の税金もかからない。

 そして、もう一つ子供に相続する場合、

平成26年12月31日まで
5000万円+1000万円×相続する人の数

平成27年1月1日から
3000万円+600万円×相続する人の数

の金額が控除されるということになっています。

相続する人が二人の場合

平成26年末までは5000万円+1000万円×二人+=7000万円までは税金がかからない

平成27年以降は3000万円+600万円×二人=4200万円までは税金がかからない

となっています。

まあ、どっちにしても私は相続税とやらとは縁がなさそうで、安心したような残念なような。。。

今の時点の相続税の制度では相続全体の5%くらいの人しか相続税がかからないようです。

平成27年以降は、10%くらいの相続に相続税がかかるようになるらしいです。3000万円位だと、都心部に一軒家を持っている場合はそれだけで相続税がかかってきそうですね。

葬儀、葬式の費用は相続税から控除される

 まあ、私の場合はこの先突然大金が間違って転がり込んできたりしなければ、相続税はあまり関係なさそうなのですが、調べたついでに書いておきます。

 葬儀、葬式にかかったお金は、相続税の対象となる金額から差し引くことができます

 ・お通夜、葬儀にかかった費用
 ・僧侶、寺院へのお布施
 ・葬儀会場代
 ・お通夜の飲食代
 ・遺体運搬費用(旅行先でなくなった場合や、葬儀をするところとお墓が離れている場合など)

とまあ、お葬式をしてかかった費用はだいたい控除することができるようです。これに対して控除の対象にならない費用もあります。

香典返しの費用
仏具の購入費用
墓地、墓石の購入費用
初七日、四十九日の法要にかかった費用
・遺体解剖費

遺体解剖はそうそうやることはないかもしれませんが、やる場合は控除されないんですね。香典返しも控除の対象にはなりません。お仏壇やお墓を買う費用も控除されないんですね。

ではでは、頂いた香典はどうするのかって言いますと、どうもしません。香典は「もともとはお香を持ってきていた代わりに持ってくるお金」です。なのでお金ではありますが、お香の代わりなのです。
なので、香典は所得税、相続税の対象にはならないのです。

ざっくりではありますが、相続税についてまとめてみました。私のような庶民にとっては相続税はそれほど恐れることはないものだということがよく分かりました。