葬式 身辺整理、終活といえば自分の葬儀、葬式をどうするかってことを一番最初に考えるのではないでしょうか。

 一口に葬儀、葬式と言っても、その規模や形式は様々ですし、それなりの規模のお葬式になれば決める項目も多くなります。

 「終活」という言葉が広く知れ渡る一つにきっかけともなった流通ジャーナリストの金子哲雄さんは、自分の葬儀のあらゆることを自分で決めていました。葬儀、葬式のだんどりから、祭壇に飾る花、参列者に振る舞う仕出しの料理、戒名まで生前に決めていたといいます。

 あそこまでの完璧な幕引きは、私のような凡人にはできませんが、これから少しずつでも自分の葬儀、葬式のことを考えておきたいと思います。

 まずはどんな形式のお葬式にするかってことを考えたいと思います。

直葬

 直葬(ちょうそう)は、お通夜や、告別式など宗教的な儀式を一切せず、火葬のみを行うもっとも、シンプルなお葬式。とにかくお葬式を最小限で行いたいという人に向いている。最小限なので決めることも少なく、来客の準備、対応などがないので遺族の負担はすこぶる軽いと思われる。

 高齢になって自分の周りの友人、知り合いも少なくなり、葬儀に呼ぶ人もそういないなら、これで十分な気がする。

一日葬

 一日葬(いちにちそう)は、お通夜をせず、一日で告別式、火葬をするお葬式

 お通夜、告別式と2日にわたってお葬式を行うのは、遺族、参列者にも負担がかかるし、葬儀に呼ぶ人もそれほど多くはないけれど、何にもなしじゃ偲びない、という人に向いている。が宗教的儀式を短くしているので、執り行えない斎場やお寺さんもある。

 

家族葬

 家族葬(かぞくそう)は、その名の通り家族で行うお葬式。

普通のお葬式(一般葬)と同じ形式で執り行うが、家族とごく親しい友人のみで行うので、規模は小さく、その分お値段も小さくなる。一般に広く参列者を呼ばないので家族葬のことを密葬(みっそう)とも。

 

一般葬

 一般葬(いっぱんそう)は、いわゆる普通のお葬式

ご近所の人や仕事の関係の人や故人と関係のあった人を招いて執り行う。一般葬の平均的な費用は200万円くらいと言われるが、一般葬では、執り行う場所や、参列者の人数によって、また棺からお花、霊柩車、お食事のグレードによってかなりの幅が生まれる。

といったところが、よく行われているお葬式の形です。

 費用をしっかりと抑えたいなら自分でお葬式の内容までちゃんと決めておきたいところ。残された遺族はバタバタしていてその中でいろんなことを決めなければいけないし、「してあげたい」という気持ちがはたらくことも多いでしょう。精神的な負担も、金銭的な負担もなるべく少なくしてあげたい。