介護 身辺整理とか終活とかというと、葬儀とかお墓をどうするか、財産をどうするかとかっていう方に目が行きがちでしたが、かならずしも健康なまま最後が迎えられるというわけではない、というかそのほうが少ないのだということにふと気が付きました。

 自分が病気になった時はどうするか、どうして欲しいか、介護が必要になった時にはどうして欲しいか、ということをちゃんと考えておくことも大事な身辺整理、終活なのですね。

 老人ホームとか、高齢者施設、住宅というものについてザックリまとめてみました。

高齢者のための施設について

     
  • 有料老人ホーム
  •  僕がイメージする高齢者施設といえばこれ。一口に老人ホームと言ってもその形態は様々。介護してくれるところもあれば、ご飯や掃除だけというところや、さらに楽しく生活するための施設やイベントが充実しているところまで。有料の料金もピンキリ。

     

  • 高齢者向け住宅、マンション
  •  バリヤフリーや手すりといった設備が整っている住宅で、ヘルパーや介護福祉士が常駐している。そのためそのまま軽度であれば介護を受けたりも出来る。基本的に自分で家を借りるというカタチなので、敷金や礼金、家賃、電気ガス水道代など普通に生活するお金がかかる。

     

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  •  65歳以上の介護が必要な人のための施設。公的な施設なので料金も安め。重度の介護が必要な人が優先され、最後まで面倒を見てくれることもあり、かなり多くの人が入所待ちの状態。

     

  • 介護老人保健施設(老健)
  •  65歳以上の看護、医学的な介護が必要な人のための施設。一時的な入所で自宅に帰ることを目的にしている施設のため入所期間は比較的短い。

     

  • 軽費老人ホーム・ケアハウス
  •  自立している60歳以上で、身寄りが無かったり、家族との同居が困難な人のための施設。公的要素が強いので比較的安く食事、日常生活のサポートが受けられる。

     

  • グループホーム
  •  病気や障害で一般的な生活が困難な人が専門のスタッフの支援を受けながら、少人数のグループで生活をする施設。掃除や洗濯も分担して自分たちで行い、自宅で生活しているのと近い環境で過ごすことができる。

     

  • 介護療養型医療施設
  •  介護の必要な65歳以上の高齢者で、医療サービスを受ける必要がある人が対象の施設。高度な医療を受けられることが特徴。

     

  • 養護老人ホーム
  •  病気でなく介護も必要としていない自立した65歳以上の高齢者で、生活保護を受けているなど主に経済的な理由で自宅で生活ができない人のための施設。

 ざっくり見ただけでも、けっこういろんなん種類があります。それぞれの施設の中でも細く違いがありますし、それぞれの特徴が混ざり合っているような施設もあります。

 自分が将来、どこにお世話になれるのか、どこにお世話になりたいか、ということも含めてもうちょっと詳しく調べておく必要があるかも知れません。