ペット.png ペットを飼っている人も多いと思います。犬、猫だけでなく、インコやオウム、ウサギにフェレット、熱帯魚だったりカメだったり、、、愛情深く一緒に過ごしてきたペットたちはもう家族同然。いや、もしかしたら家族より家族という方もいるかもしれませんね。

 でも、そんな大事なペット達より、自分が先に亡くなってしまったらどうすればいいのか?ということも真剣に考えておかなければいけませんよね。

ペットに遺産を相続する

 ペットに遺産を相続する。と言っても実際に相続するわけではありません。動物に相続をすることはできません。なので、動物の世話をしてくれるなら遺産を相続するよ、という条件付きの相続を遺言書に書くことができます。「負担付遺贈(ふたんつきいぞう)」と言います。

 条件付きの相続といっても、遺言書に書いただけでそれが必ず守られるというわけでもないので、生前からペットの世話をお願いする人との話し合いは持っておくべき。

ペット信託

 ペットに遺産を相続することはできない。と書きましたが「ペット信託」なら事実上ペットにお金を残すことができます。

 ペット信託とは、ペットの飼育費を信託しておくものです。信託とは信じて託(たく)すということです。ざっくりでいいますと、ペットの飼育費を自分の財産とは別に管理をして、そのお金は新しい飼い主さんを探して、ペットの飼育費として使われます。

 なので、自分が亡くなった時だけでなく、病気で入院した時、老人ホームなどの高齢者施設に入らなくてはいけなくなった時などにも安心です。

 ペット信託の大きな特徴として、「信託監督人」があげられます。信託監督人とは、ペットが新しい飼い主のもとで、天寿をまっとうするまで幸せに暮らしているか、ペット信託のお金がちゃんとペットのために使われているか、などをチェックする仕組みです。

 この「ペット信託」の信託監督人という仕組みは「負担付遺贈」ではできない大きな違いです。

老犬ホーム・里親探し代行サービス

 その名の通り、お年寄りの犬が生活する施設や、里親を探してくれるサービスがある。それなりにお金はかかるが、お年寄りのワンちゃんは、なかなか新しい飼い主も見つからないことも多い。そうなると老犬ホームでゆっくり過ごさせてあげるというのも人るの選択肢かもしれない。

いずれにしても、家族同然にかわいがってきたペットの幸せをちゃんとまじめに考えておきたい。