お墓.jpg
 先祖代々のお墓があったりして、自分の遺骨の行き場所が決まっている人も多いかもしれませんが、この時代、先祖代々のお墓があるのは、一度も住んだことのない遠くの地ということも少なくありません。

 先祖のことを大事にしていない、ということではなく現代では物理的に先祖と同じお墓に眠ることができないこともあります。

 お墓に関しては、信仰している宗教がとくにない人でも「ちゃんとしなきゃダメだ!」という考えを持っている人も多いようで「お墓なんかいらない」と言うと、遺族と親戚がもめたりして割とめんどくさい事になったりもするようです。

 葬儀もそうですが、とくにお墓はこうしたいという形があるなら遺族やお墓の世話をしてくれるような人と生前に話し合っておいたほうが良さそうです。

 そんなお墓感はちょっと置いておきまして、どんな形のお墓があるのかということをまとめてみました。

墓地の種類

 お墓をどこに建てるかという場所です。大きく分けて3つあります。

寺院墓地

 お寺さんの墓地。基本的には檀家になります。寄付やお布施をしたりお寺さんと密接な関係になるぶん手厚く祀られるらしい。

 宗教、宗派が限られる、墓石の形にも制限があったりする。

公営墓地

 都道府県、市町村、またはそこから委託されている公益法人などが管理している墓地。公営なので、使用料、管理費がわりと安め。

 募集の数も少なく抽選となる。募集期間も短い。

民間墓地

 宗教法人、公益法人が管理している墓地。霊園によって異なるが、駐車場、休憩所等の設備が整っているところがい多い。

 一応、非営利団体の運営ではあるけれど、使用料、管理費は公営墓地に比べると割高。石材店も指定されることが多い。

お墓の種類

 お墓の種類。どういった性質のお墓なのかによって分けてみました。

  • 家墓(いえぼ、いえはか)
  • 「家」を先祖から子孫へと代々受け継いでいく墓。「◯◯家之墓」「○○家代々之墓」などと刻まれている。

  • 個人墓(こじんぼ)
  •  個人ひとりの墓。先祖などに気兼ねすることなく、自分らしい個性的なお墓のデザインにしたりできるので、個人墓を建てる人もいる。

  • 比翼墓(ひよくぼ)
  •  夫婦墓(ふうふぼ)とも。その名の通り、夫婦で入る墓。夫婦の名前を刻みます。どちらかが亡くなったときに建て、残された方の名は刻んで、朱で塗っておく。

  • 両家墓(りょうけぼ)
  •  一つの墓所に両家の墓を建てる、もしくは一つの墓に両家の名を刻む。一人っ子同士の結婚、長男長女同士の結婚で両家墓の需要も高まっている。

  • 共同墓(きょうどうぼ)
  •  血縁ではなく、墓地に対する考え方が同じくして入る墓。企業や団体名が名義になる。

  • 永代供養墓(えいたいくようぼ)
  •  永代供養料を払って、寺院やお墓の管理者が管理と供養をしてくれる墓。お墓は継承しないことが前提とされている。一定の期間が過ぎると合祀墓(ごうしぼ)に移される。

  • 生前墓(せいぜんぼ)
  •  寿陵(じゅりょう)とも呼ばれます。生きているうちに建てる墓のこと。お墓を建てるための”お金”には相続税はかかりますが、”建てたお墓”には相続税がかかりません。ので、相続税対策として建てる人も。

 お墓の種類には、家簿や個人墓や比翼墓のように「誰が入る墓なのか」という分け方もあれば、永代供養墓のようにお墓の管理の仕方に名前が付いているものもあります。
 なので、永代供養墓の比翼墓という言い方や、個人墓の生前墓という言い方ももちろんします。

その他のお墓

 その他のお墓、お墓に関係することをあげてみました。

     
  • 納骨堂(のうこつどう)
  •  都心部に多く見られますが、屋内の遺骨を納める施設。ロッカー型、仏壇型などがあり、コンピューターで管理制御されています。跡継ぎがいなくても購入できるため、独身者や結婚していても子供がいなかったり、一人っ子だったりと現代のニーズに合っており、生前に購入する人も多い。

     

  • 散骨 (さんこつ)
  •  遺骨を海や山、川に撒くことを言います。自然葬の一種。法律では墓地以外に遺骨を埋めることを禁止しているが国は「節度ある方法でする限り違法ではない」との見解を示していることから、近年、散骨の希望者も増えている。

     

  • 墓友(はかとも)
  •  墓友は「一緒のお墓に入る友人」の略。身寄りのいない単身者や、子供のいない高齢者が共同で墓地を購入し、同じ墓に入るということ。シュエハウスのお墓板。気の合う人達と同じ墓に入る。
     

     

  • 共同墓地(きょうどうぼち)
  •  共同墓地は、集合墓(しゅうごうぼ)、合祀墓地(ごうしぼち)、合葬墓(がっそうぼ)などとも呼ばれる。一つの石碑の下に広い納骨スペースがあり、そこに遺骨を共同で納める。単身者、身寄りがないという人や経済的に墓を建てる余裕が無い、またはお墓にお金をかける必要がないと考える人が入る。生前に予約できるところも。

 ここで、取り上げたものも割と一般的なもの、一般的になりつつあるもので、「お墓」「埋葬」は、いまや色々なスタイルがあることがわかった。お金をかければ立派なお墓はもちろん建ちます。が、逆に生活保護を受けている人でも、納骨してもらえる位の金額のお墓というのもあるということも分かった。