借金

 今あるローンとか借金はどうなるの?ということについて調べてみました。

 貯金だ、有価証券だ、土地だ、車だ、と相続するものには色々なものがあります。そんでもって、相続税が心配だーとか考えている人も多いかもしれません。

 相続するものの中にローンとか借金も入るのです。

 住宅ローン、車のローン、クレジットカードの支払い、もちろん、銀行などの金融機関から借りているお金など、マイナスいわゆる負債も相続する事になります。

 住宅ローンは団体生命信用保険(いわゆる団信)に入っていたり、生命保険付きの住宅ローンを組んでいれば、自分が死んでも住宅ローンは残りません。

 でも、もしそういったものに入っていなくて、しかも残りの額が大きかったら、それを相続させなければいけないのは、それこそ身辺整理、終活としてはまったくダメですね。

 借金やローンについてもエンディングノートにちゃんと書いておき、住宅ローンは団信に入っているから大丈夫とか、入っていないから、相当な借金が残るとか、何にしてもちゃんと分かるようにしておきたい

 「分かるようにしておきたい」というのは借金を相続しなくていい方法があるからです。

 「相続放棄」というものがあります。文字通り、相続を放棄するということです。もし自分が借金まみれで死んでしまったら、相続人は「相続放棄」をすれば、借金を払わなくて済むようになるのです。

 ただ、この「相続放棄」ができるのは、亡くなってから3ヶ月以内。ローンや借金を隠していたりして、相続人が知らなかったとしたら、「相続放棄」すらできずに、借金がまるまる相続されてしまうことになりかねないのです。

 相続放棄は一切のものを相続できなくなってしまうので、よく考えなくてはいけません。もちろん、相続放棄を考えなくていいような状態に自分がしておくことが一番いいんですけどね。

 あ、そうそう「連帯保証人」は相続ではないので、もちろん放棄はできません