車.jpg
 自分名義の自動車は、もし自分が亡くなったら、誰かに相続することになります。

 自分の乗っていた車が、おんぼろの車で廃車にするにしても、そこそこの車だけど、誰も乗らないから売っ払うにしても、もちろん、相続した人が乗るにしても、何にしても、とにかく自分名義の車があって、自分が死んでしまうとその車を一度、相続して名義変更をしなくてはいけないんです

 相続の手続きをして、名義変更したあと、廃車なり、買い取りなりの手続きができるようになります。

 めんどくさそうですね。

 仮に一人の相続人に車を相続するという場合で、

  • 除籍謄本もしくは戸籍謄本(死亡が確認できるもの)
  • 相続する人の印鑑証明書
  • 実印
  • 遺産分割協議書
  • 自動車検証(車検切れの場合は必要なし)

という書類などが必要になります。「車検切れの車の場合は必要なし」ということは、車検切れの車でも相続しなければ、廃車にもできないということなんです。

 相続の手続きはもちろん車だけではないですし、葬儀だ、遺品整理だ、なんだーかんだーといろいろあります。

 なので、自分なりの対策としまして、車に乗らなくなったら、すぐ廃車手続きをするとか、生前に名義変更だけするということも考えてエンディングノートに書いておかないといけませんね。