「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあったときに、伝えたいことをまとめるノートのことです。 

 普通のノートに書いていってももちろんいのですが、市販のエンディングノートには様々な項目があり、書き始めやすようになっています。

 エンディングノートにある項目は

  • 基本的な自分の情報(名前、生年月日、血液型、かかっている病気など)
  • 自分史 自分のこれまで生きてきた記録
  • 財産について 預貯金、株などの有価証券、不動産など
  • 保険や年金について
  • 葬儀やお墓のこと
  • 介護、告知、延命治療、献体について
  • 大切な人へのメッセージ

 などなど、細かく書く事ができるように(書きやすように)なっています。

 エンディングノートに少しづつ書いていくことで、自分がしようとしている身辺整理はどんなことなのか、どのように終活をしていくかということが、だんだん見えてもきます。

 分かるところから、書けるところから、少しづつ私も書いています。

 「エンディングノート」はまさに終活の第一歩なのです。

 エンディングノートは、ネットでダウンロードすることもできますが、私は冊子になっている方が書きやすいので、コクヨのエンディングノートを使っています。